シミケアは その原因を知ることから始めよう

シミの原因とは

肌のシミを気にしている人は多いと思われますが、シミにはその原因や症状によっていろいろな種類のものがあります。

シミとはメラニン色素が肌に沈着してできる斑点のことを言いますが、その原因にはよく知られている紫外線以外にも、加齢やストレス、睡眠不足、ホルモンバランスの異常などといったものが挙げられます。

シミができやすい部分としては、日焼けの蓄積が起こりやすい額、目尻の辺り、髪の生え際、日光が当たりやすい頬骨の高い位置、口角から下の箇所などとなっています。

一般的にシミと言われているのは肝斑というものであり、これは褐色のシミが肌に左右対称に現れるのです。

これができてしまう原因は、表皮の最下層にある色素形成細胞(メラノサイト)によって作られるメラニン色素が日焼けによって増えてしまうことによります。

また、メラノサイトという細胞そのものが日焼けによって変化してできてしまうもののことをソバカスと言いますが、これは紫外線を多く浴び続けると数が増えたり色が濃くなったりしてしまうの注意が必要です。

また、加齢によって額から頬にかけて現れるシミというものもありますが、これのはっきりとした原因はまだ分かっていないのです。

紫外線とメラニン

【シミができる仕組み】

多くの女性が悩むシミができる原因、それは紫外線や怪我をした後の外的要因だけではなくストレスや体調不良等の内的要因も理由の一つとされています。

そもそも肌は紫外線などの刺激を受けると、メラノサイトで作られたメラニンが肌の中の細胞に送られていきます。これが角質となるのです。

そしてこの角質は、新陳代謝によって作られた垢となって剥がれ落ちていくのですが、このメラニンの作られる量と角質の剥がれ落ちていく早さのバランスが崩れてしまうことが、シミの原因となるのです。つまり、メラニンが必要以上に作られることと、いらなくなったメラニンを含む細胞がうまく押し出されないことがシミの原因ということになります。

【コラーゲン】

このシミ対策に有効なのがコラーゲンです。コラーゲンは、しわやたるみの効果があるというイメージがありますが、それだけではないのです。コラーゲンは肌のターンオーバー、代謝にも欠かせないものです。もしコラーゲンが減ってしまうと、肌の中で栄養の受け渡しが上手くいかなくなってしまいます。

その結果、新しい細胞が生まれなくなり元気な細胞がなくなってしまうのです。すると代謝が停滞し、メラニンがうまく押し出されずにシミとなってしまうというわけです。シミ対策においては、コラーゲンで肌の働きを低下させないようにすることが重要です。

ストレスや加齢

シミができる一番の原因は紫外線によるもので、これに加えて食生活の乱れやストレス、また加齢などによってもシミができます。

このシミは本来のターンオーバーでは除去し切れなかったメラニンが肌に沈着するもので、またターンオーバー自体の乱れによりメラニンの除去ができないこともあります。そこで、このシミを予防する方法として、まずは紫外線対策をする必要があります。

これには、日焼け止めを塗ることや日傘、帽子、長袖のシャツやサングラスを身に着けることなどが挙げられます。

そして、くもりの日であっても晴れの日の50〜80%程の紫外線量がありますので注意が必要です。また、規則正しい生活を心掛け、充分な睡眠とビタミンやミネラルを多く含んだ食事をとることで代謝を高め、ターンオーバーを促します。

一方で、既に出来てしまったシミについては、これも生活習慣が大切で、睡眠や食事、また運動などで正常な肌サイクルを保ちつつ、シミができやす肌は水分が不足していることも挙げられますので、スキンケア商品で肌への水分補給をし、またその水分を逃さないように保湿することも大切です。

さらに、ビタミンCを積極的に摂取することでメラニンの生成抑制と色素還元を図り、またサプリメントなどで聞かれるLシステインにはメラニンを抑制する効果があります。シミに対するケアはシミに効く化粧品no1.netなどのサイトで化粧品を選び、継続してきちんと行うことが大切です。

【加齢とともに入念なケアを】

年齢を重ねることはとても素晴らしいことです。様々なことを経験し人生に厚みなども出てきます。

その一方で老化という悩みにも直面してきます。とくに肌に関しての老化現象は顕著にでてきます。シミやシワまたはたるみなどの様々な症状があります。

例えば、シミなどは加齢により肌の新陳代謝が衰えることで現れてくる症状です。若い時はシミができてもターンオーバーがきちんとできているので、自然と消えていくのです。

加齢とともにしっかりとしたケアが必要になってくるのです。

Menu